腎臓・高血圧グループの紹介

腎臓・高血圧グループの紹介

特色

腎臓高血圧内科シニアレジデントコースでは、内科臨床医として必要な幅広い一般内科診療の知識、技術の習得を軸に、更に横浜市立大学循環器・腎臓・高血圧内科学教室の腎臓・高血圧グループがてがける3専門領域(腎臓疾患、血液浄化療法、高血圧疾患)全般に亘ってバランスよく研修を行い、腎臓内科専門医、透析専門医、高血圧専門医としての基盤作りを目指しています。
特に血液浄化療法(透析を含む)や高血圧疾患に関しては、それぞれ泌尿器科や循環器内科が手がけている大学や病院も多く、これら3専門領域にわたり広く研修できるプログラムは少ないと思われます。
さらに、腎臓と関連した糖尿病分野、透析と関連した内シャント手術などの外科的分野、高血圧と関連した内分泌分野や循環器分野など、診療の守備範囲が広い事が特徴です。
3年間の研修中には、認定内科医の資格取得を目標とし、更に研修修了後には日本腎臓学会専門医、日本透析学会専門医、日本高血圧学会専門医の資格を取得することを目標とします。
また研修中でも大学院への進学、国内外への留学などの希望には随時相談に応じており、柔軟性の高い研修カリキュラム実現が可能です。
このページのトップに戻る

目標

腎臓・高血圧内科医として優れた臨床能力を身につけるため、急性および慢性腎不全、糸球体腎炎、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、電解質異常、本態性および二次性高血圧、動脈硬化症などの各専門分野全般に亘ってバランスよく研修を行い、各種の診察検査手技、および治療法を修得し、確実で標準的な診断、治療が行えるようになる。
さらに血液浄化療法を必要とする各種疾患に精通し、各科からの浄化療法要請に応じられる様になる。
このページのトップに戻る

指導医より

母体である大学院医学研究科病態制御内科学・旧第二内科(現循環器・腎臓内科学)教室(主任教授 梅村敏)は腎臓・高血圧グループ、循環器グループの2グループによって構成されており、大学及び協力病院ともこれら2つの専門分野が協力しあっている所が多いです。
最近特に重要性が唱えられている心腎連関を数十年前から実践してきた実績があり、総合的な循環器腎臓病学を学ぶ機会があります。
大学と協力病院とが一体となってローテートを決め、このローテートの中で各病院の特徴を活かしたトレーニングがなされ、より広い視野に立てる腎臓高血圧内科専門医養成をめざしています。
各専門分野での手技や専門知識の修得はもちろん、先進医療から慢性疾患の生活指導までを修得して優れた医師となりうる研修体制です。
横浜市立大学附属病院(腎臓高血圧内科、血液浄化センター)と市大センター病院(腎臓内科、血液浄化療法部)は一体となったローテートやトレーニング体制が可能です。
一個所の病院に比較的多くの医師を集中する拠点病院方式や、出産および子育てなどでフルタイムの勤務が困難な場合のワークシェアリングシステム、経済的に余裕が少ない医師を対象とした外勤紹介システムを有し、グループメンバーのニーズやQOLも考慮した研修体制をとっています。
附属病院やセンター病院のシニアレジデントとして登録いたしますが、研修は関連施設で行うことも多く、収入面でも通常の病院勤務医と差は一切有りません。
当教室のホームページには腎臓高血圧グループのみならず循環器内科についての大学での診療・教育・研究や協力病院の特徴が見られるようになっています。
さらに、大学院や留学等も視野に入れた各グループの専門医養成のシステムが述べられていますので参考にして下さい。
(附属病院血液浄化センター長、腎臓高血圧内科准教授 戸谷義幸) このページのトップに戻る

シニアレジデントより

腎臓・高血圧内科にシニアレジデントとして入局し、現在3年目になります。
最初の2年間は南共済病院、今年からは市大附属病院で仕事をしております。
シニアレジデントという名ではありますが、初期研修とは異なり1つの科の所属ですので、当科では主に腎臓、高血圧、血液浄化に関して専門的に学ぶことが出来ます。
スタッフの先生方の数も比較的多く、また、同じ教室内に循環器の先生方もいらっしゃいますので、いろいろな面から温かく指導していただいています。
関連施設での有意義な研修もあり、収入も通常の病院勤務医と同程度となり困ることはありません。
まだまだわからないことが多い毎日ですが、充実した日々を送っています。
(腎臓・高血圧内科シニアレジデント 鈴木将太)
厚労省との人事交流制度を活用して活躍中の医系技官の紹介:
平成24年入局の谷口倫子と申します。
私は現在、厚生労働省に医系技官として勤務しています。
関連病院である横浜栄共済病院、済生会横浜市南部病院、大森赤十字病院、横浜医療センターなどで腎臓内科医として経験を積ませていただいた後、人事交流制度により厚生労働省へ派遣、その後入省しました。
厚生労働省では、腎疾患対策、難病対策、外来・在宅医療対策、へき地医療対策等を担当した他、新型コロナウィルス感染症対応や災害対応に携わり、現在は健康増進施策に取り組んでいます。
厚生労働省には様々な仕事がありますが、いずれも、国や県、市、職能団体など、どの組織がどのような役割を担っているのか、どのような仕組みづくりを行えばより多くの人により良い医療を提供できるかを考えていくことが中心になります。
患者さんのライフコースを考えながらエビデンスに基づいた最善の治療を尽くし、様々な科や多職種、多施設と協力して合併症の管理を行い、社会的なサービスの導入をアレンジしていく腎臓内科医としての経験は、疾病に対して良質な医療を提供する上での取組はもちろんのこと、患者さんの生活に根ざし社会に必要な施策とは何かを考える上でも、かけがえのないものとなっています。

厚生労働省健康・生活衛生局健康課
女性の健康推進室 
室長 谷口 倫子

横浜市立大学腎臓・高血圧内科の関連施設の一覧

横浜市立大学附属病院
横浜市立大学付属市民総合医療センター
横浜南共済病院
済生会横浜市南部病院
横浜保土ヶ谷中央病院
横須賀市立市民病院
藤沢市立市民病院
茅ヶ崎市立病院
秦野赤十字病院
大和市立病院
大森赤十字病院
国際親善病院
国立横浜医療センター
栄共済病院
横須賀市立うわまち病院
横浜じんせい病院
国際医療福祉大学熱海病院
その他多数の透析クリニック

お問合せ

横浜市立大学医学部 循環器・腎臓・高血圧内科学教室
〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9 A365
TEL:045-787-2635
FAX:045-701-3738

TOP